スリープトラッカープロエリート

睡眠導入剤の分類について

スリープトラッカープロ
睡眠導入剤のCMを見かけるようになりましたね。それまでは、睡眠導入剤=睡眠薬と考え、イメージがあまり良くない方も多かったのでは? でも、睡眠導入剤は、「寝付きが悪い」「眠りが浅い」という症状がある方には、睡眠改善効果が高いそうです。そして、睡眠導入剤は、化学構造によって、ベンゾジアゼピン系、チエノジアゼピン系、バルビツール酸系、シクロピロロン系や抗ヒスタミン薬などに分類されます。 また、その作用時間による分類として、超短時間作用型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型などがありますが、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は、抗不安薬としても使われるそう。 そして、それとは逆に、抗不安薬や抗精神病薬を睡眠導入剤として使う場合もあるそうです。だから、睡眠とストレスや精神病は、深い関係にあると言えます。 ストレスの多い時代ですから、睡眠導入剤を使ってでも、睡眠を取りたいと考える方も多いと思います。一時的に改善されれば、少し安心出来ます。

睡眠導入剤の気になる副作用と注意点

女性
昔は、こんなに睡眠導入剤を飲んでまで寝たいとは思わなかったのです。何故なら、睡眠導入剤の副作用が怖かったのです。症状としては、「昼間でも眠い」「物忘れが多くなる」「依存性が強く、止められなくなる」「悪夢に悩まされる」「精神病になる」など。 やはり、怖いのは、依存性の高さと、薬を飲んで改善されるはずが、逆に病気になってしまうということですよね。このような症状が出るのは、以前は、バルビツール酸系の薬剤がよく用いられていましたが、最近の睡眠導入剤には、その様な心配はほとんどありません。 睡眠障害の種類によって、薬も代わってきますので、眠れなくて、ストレスを感じているようであれば、医師の診断を仰ぐことをオススメします。 そして、医師の指示に従って、就寝直前(30分程前)やアルコールと一緒に服用しないなどの用法・用量を守るなどの最低限の注意は必要です。 市販薬でも、きちんと用法用量は守れば、大丈夫だと思います。そして、何か心配なことや服用中に変わったことがあれば、医師に相談してくださいね。

スリープトラッカーは激安NG!?正規品を購入したほうがイイ秘密を知りたい方はこちら